情報セキュリティにおける暗号技術では暗号鍵が重要でこれを応用した電子署名と電子証明書で本人確認が可能となった。

パソコンをウィルスソフトから守ってくれるセキュリティ
パソコンをウィルスソフトから守ってくれるセキュリティ

情報セキュリティにおける暗号技術の果たす役割

情報セキュリティ技術の一つに暗号技術と言われるものがあります。これがどのようなものか調べてみましたので、お知らせしたいと思います。パーソナルコンピュータ(PC)を利用して、登録者のみ閲覧可能なサイトを訪問する場合は、パスワード入力によるチェックが行われますが、このパスワードを他の利用者に知られると誰でも閲覧できることになります。それを防ぐために暗号技術というものがあります。この暗号技術には色々なものがありますが、基本的には暗号システム(プログラム)により、暗号鍵を使って行われます。つまり登録時に、元のデータ(パスワード)を、暗号鍵を使って暗号化してから保存します。次に入力時(ログイン時)は、保存してあった暗号化データを取り出し、暗号鍵を使って復号(元のデータに戻すこと)してから入力データと照合されて、確認が完了します。この暗号鍵は、他の人に知られることのないように、厳重に管理されています。

この暗号技術を応用したものに、電子署名や電子証明書を利用する仕組みがあり、Webページや電子メールの送受信時、あるいは無線LANの認証時に使われています。電子署名は本人の印鑑としての役割を果たし、電子証明書は、その印鑑が正しいことを証明するための印鑑証明書の役割を果たしています。これによって、本人からの送信データであることが確認できるので、逆になりすましや、メッセージの改ざんが行われていないことの確認となり、インターネットを利用した取引も安心して行うことが可能になります。世の中が便利になるにつれて、それを支える技術も複雑さを増す、ということでしょうか。

Copyright (C)2019パソコンをウィルスソフトから守ってくれるセキュリティ.All rights reserved.